赤ちゃん 虫歯 うつる

赤ちゃんに虫歯がうつるのはいつ頃?@悪化させない予防方法とは

ここでは赤ちゃんの虫歯についてとその予防方法についてまとめています。

 

赤ちゃんに虫歯がうつるのはいつ頃?@悪化させない予防方法とは

 

あなたは、赤ちゃんに虫歯がいつ頃うつっているのか知っていますか?
どの瞬間に赤ちゃんへ虫歯がうつるのかタイミングを調べてみました。

 

赤ちゃんにむし歯がうつったタイミング

もしあなたにむし歯があって我子に、下記の行動をしたとき赤ちゃんにむし歯菌がうつっている可能性が高いです。

 

  • 離乳食を噛み砕いてあげた
  • 赤ちゃんの口にキスをした(ソフトキス)
  • 親が使っているコップで飲み物を上げた
  • 同じスプーンで自分も食事しながら赤ちゃんにもご飯をあげた
  • 唾液が付着しているものにふれさせた
  • 大人が使った箸で食べ物をあげた
  • 熱いものをフーフーしてあげた


通常、2歳くらいまでの子供にはむし歯や歯周病の原因となる細菌は口の中にはいません。
ですが、離乳食が始まった頃ぐらいから大人からうつされる確率が高くなるというデーターがあります。

 

むし歯や歯周病は菌による感性症になるので唾液が接触する事でうつってしまうのです。
そして一度口の中に入ったむし歯菌、歯周病菌はほおっておくとみるみる増殖していきます。
大人が虫歯になるのと同じ仕組みというわけです。

 

赤ちゃんのむし歯を悪化させない為にすること

赤ちゃんに虫歯がうつるのはいつ頃?@悪化させない予防方法とは

 

  1. むし歯菌がこれ以上増えるような行為はしない事
  2. 歯磨きをすること

 

赤ちゃんのむし歯を酷く悪化させないようにするためには、大人の唾液が赤ちゃんの口の中に入らないようにする事が重要です。

  • キス
  • 口移しで食べ物を与える
  • 大人の使ったコップ、箸、スプーンを一緒に使わない

これらの行為は親のもっているむし歯菌を我子にうつす行為なので絶対にやらないようにしまよう。
祖父、祖母によるチューもむし歯菌が唾液感染する可能性があるのでNGです。
赤ちゃんの口内における菌の割合は2.5歳 〜 3歳で大方決まるのでそれまでは虫歯がうつるような行動を控える事です。
赤ちゃんも3歳以上になってくると口内の環境がある程度出来上がってくるので、一番感染しやすい0歳 〜 3歳までは要注意です。

 

はみがきをする

むし歯予防には、大人も子供も最終的には、はみがきによる予防になります。
ただし! 大人が使ってる歯ブラシを兼用するのはNGですからね!

 

ちゃんと赤ちゃん用の歯ブラシを用意してあげてください。
はみがき粉は大人用のを使うとフッ素の刺激が強いですし飲み込んじゃうかもしれないのでこの頃だけでも赤ちゃん用のはみがき粉を使うが安心でしょう。

 

>> 飲んでも大丈夫! 0歳から使える赤ちゃん用はみがき粉